スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< 日々細胞は進化する・・・ | トップ | 困ったサンの家計簿 >>
enjoy+マーケット
自分なりに色々考える事の多かったこの1週間。


学校の事、


バイトの事、


将来の事、


友達の事、


家族の事、







身の回りには沢山の人が居て、

その沢山の人に支えられながら生きているような気がする。

それはそれは凄く素晴らしい事で恵まれてる事。


分かっているのだけど・・・

たまに嫌になる時がある・・・。

このぬくさが丁度イイと自分でも理解しているのに

熱くも、寒くもないこの環境が何よりも優れているって分かるんだけど






一人で何かしたい、


自分だけで出来る事を探して見たい。。。







って最近良く思ってしまう。


なんていったら調子に乗るな!贅沢!


なんてなるかもね?(笑)


自分でもそう思うよ。






さて、話は変わって!!

学校のこと!!!





えぇー・・・17・18日文化祭でした!

たのしかったぁー!!!

めちゃめちゃ心揺さぶられた!!!!!!

自分の作った脚本に映像がついて、

それを見てくれるお客サンが沢山居て・・・

何かさ・・・人間って知合ってなくても

繋がってるんだよなぁー・・・って思った!!!



まぢで!



まぁ作った脚本は短編ホラーなんだけど・・・

凄くチャチな内容だったんだけど、

それを演じてくれた俳優さんたち(クラスメート)に感謝!

それを編集してくれた友達に感謝!!

それにBGMを着けてくれた友達に感謝!!!

脚本書くアタシを励まし続けてくれた友達に感謝!!




感謝しながら、素直にごめんねの言えたこの文化祭、

手にした物は掛け替えのない思い出と仲間。

思いはいつか色褪せてしまうのかもしれないけど、

思い出はいつまでも心で煌き続けちゃうんだよね??

一周り大人になれてたらいいなぁー・・・。







始めに書いた事とかなりの矛盾が生じてますが、

それが風見キヨと言う事で(笑)



え?

上手くまとまってない???



そんな事言っちゃう君ももうキヨのトモダチなんですよWw














前回の続きはコチラから。。。
*****************************










君の事を知ろうとすれば知ろうとするほど

君は逃げていく





君は海の波のように・・・

凪のように・・・

満ちては退いて行く満潮のように・・・










DREAMIN’ BLOOD










「あ・・・」



「あ・・・」








僕と内の始まりはココやった。


いや・・・ちゃうな・・・。


あの時か?いや・・・あん時かも知れへん・・。


まぁ・・・この時はじめて会話を交わしたから


この時が僕と内の始まりって事で・・・。













「えっと・・・」



「・・・安田君?・・・やんな?」



「あぁー・・・せやで!同じクラスの!」



「・・・ほなぁ・・・僕邪魔やね?出ていくわ。」







ココって言うのは屋上。


普段は鍵がかかっていて入れない。


ココには居れるのは鍵を受け継いだモノだけ・・・。













「なぁ!・・・内君のお父さんも鍵の持ち主やったん!?」



「あぁー・・・うん。」



「せなんや!?んじゃ僕らのオトン知合いやってんで!?大親友や!」



「へぇー・・・」



「あれ?聞いてへんの?オトン達の話」



「・・・」





その時内は僕を見てにこっと柔らかい笑顔を作って屋上を出ていった。


掴めないヤツだった。








鍵を持つもの・・・


それが僕らの始まりで・・・


それがオトンの終わりやった・・・。

















- | 11:24 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 11:24 | - | -
コメント
コメントする