スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< 荒れる波に瞳濡れてマーメイド | トップ | 今を生きる >>
離れた目で見つめてみたよ

えぇー・・・今日は自分について熱く語りたいと思います


そこぉー!!!!はぁ?!とかいわなぁーい!!!

え?言っていない??おっと失礼。






えぇー第三者の目線で自分を語って見ますね。


風見はぁー・・・基本甘えん坊です。

まず考え方が甘いです。

世の中なんとか適当に渡っていけるって素で思っています。



甘えん坊って言うのも可愛い甘えん坊じゃないです。

ウザい甘えん坊です。

まぁ、基本自己中ですわ。

自分を軸にして世界が回っています。

だから誰か別の人が亮チャンについて語って居ると


「語るなや(`^´)」とか勝手に思っています。

まぁ他人から見れば“お前もや!!!”って感じですよね)笑

自分が好きではないです。

ただ一番でありたいんです。

あと甘えん坊なくせに甘え下手だから面倒な人。

素直じゃないよね。基本。







あぁー・・・

他人目線で見ると自分ウザいわぁー(笑)

よくこんな子として生きてきたよね???

まぁ、こんな子やって16年です。

ああぁー・・・何処で間違ってしまったんやろね??



何事にも比べられて育てられてきました。

何事でもお兄ちゃんには勝てませんでしたよ。

まぁ、お兄ちゃん大好きだけどさ・・・?

でもアタシにとって比べられるって事は一番辛かったな。

自分がダメな人間なんだって言われてる気がして・・・。

だから小さいながらに考えたんだろうね??

一生懸命イイ子を演じてきた。

まぁ、その良い子の仮面も小学四年生で真っ二つに割れるんだけどね。

仮面の下には何も残っていなかったって言う落ち。

ママは言いましたよ。

「アナタは手のかからないイイ子なはずでしょ?!」って・・・

できるならそんな人間でありたかった。

何も言わないでもイイ子になれるような子供でいたかったですよ。

でも、残念ながらアタシはハリボテの安っぽいイイ子だったんです。

それからはもう落ちるしかなかったねー・・・

その辺りから反抗期突入。



お母さんは結局いつもお兄ちゃん。

仲良くするのもお兄ちゃんの友達のお母さんばっかり。

アタシはいっつもひとりだった。










なーんて、今更言ったってもう撮り返しはつかないし

今の自分を否定はしたくないって思う。

アタシはアタシでしかないわけだし、

いくら自分がキライって言ったって死ぬまでアタシはあたしでしかない。



だったら自分の事を愛してあげられる自分で居たいと思います。

ちょっと自分の過去振りかえってみたら

小説のネタになりそう・・・笑

- | 17:34 | comments(1) | -
スポンサーサイト
- | 17:34 | - | -
コメント
こっちの返事してんかった〜〜。
ごめんよ。
ブログ開設したのはいいけど。。
毎日が大変になってまう。

そだよね。今やってる事が
自分を苦しめてたりしても、
いつか、笑って話せる日がくるね!!
早くこい!!その日よ(笑
| 愁 | 2005/10/01 8:17 AM |

コメントする