スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< 困ったサンの家計簿 | トップ | *おしらせ* >>
Someday Someway


超腹立たしい・・・

どーも、ご立腹の風見キヨです。







はぁー・・・腹立たしい


夢は見るものじゃない、叶えるものです。



そうですよね?




そのはずです・・・。










夢は誰にも奪えないと思うし、

否定する権利なんて誰も持ってないと思います。。。










うっはぁーーーーーーーーーーーーーーーーー)怒


それをどうしてあんなヤツに否定されないきゃいけないのさ!!!!


まぢムカツク!!!


本当にムカツク・・・。。。










でも言われたのです。


そのムカツク気持ちを中学の頃のたった一人の親友に・・・



「ムカついたんなら見返す方法は一つしかないやろ?」













・・・(;Å;)・・・anego・・・。













って事で見かえる方法・・・


「夢を叶える事」


もぅ頑張るッきゃない!!!!!!!!!!













千尋ぇ

もう全然嘘みたいに元気ですよ!

うふふ!!!


*********************************************



掛け替えのナイ時間を


すりかえる事の出来ない大切な時間を


君と共有した時間を幻なんかで終わらせたくないから・・・









DREAMIN’ BLOOD













「おぉーやっさんWw」


「・・・なーんや大倉君かぁ・・・」


「なんやってなんやねん!!!・・・たっちょんでえぇでww」


「ほな、たっちょん・・・」


「お前・・・僕が内博貴やとおもったんやろ?」


「・・・」








やっさんは分かりやすい。


やっさんに出会って早くて1ヶ月経とうとしている。


同じクラスで、斜め前の席。


仲は・・・んー・・・ボチボチ???


そんなボチボチな仲なボクですら分かりやすいって分かる。








「・・・あの子には近づかない方が・・・えぇとおもう。」


「何で?・・・」


「・・・なんか・・・」


「何でそんな事言うんや!?大倉に内の何がわかるん!?」


「わからんよ!わからんから言うてんねや!」


「せやったら大きなお世話や!!!」


「・・・心配やねん。安田君はすぐに人を信じる・・・」


「・・・信じんと信じてもらえへんやんか・・・」


「・・・」


「内も持ってったんや!オトン達の思い出の鍵!」













オトン達の描いてきた鮮やかな思い出たちは


いつかモノクロへと変わってしまうのかな???







変わらないのはあの頃のこの場所。


この鍵・・・。






- | 22:20 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 22:20 | - | -
コメント
コメントする